南国ならではの「深み」を感じるシンボル 首里城 : 沖縄ラブ
カテゴリ
沖縄のお食事 ショッピング 宿泊施を 確認してみよう! お出かけのときには アクティブティ お金をおろしたいときは もしものときには 他のスポットを見つけたいときは

南国ならではの「深み」を感じるシンボル 首里城



日本には幾つもの歴史建築物があるが、
やはり、どれも「和」を感じるものばかりだ。

 

明治には西洋からのニュアンスを受け、これもレトロな魅力があるが、
沖縄の首里城は、南国ならではの作りがある。

 

多くの歴史建築物は劣化もまた「和」を醸し出すのだが、
首里城の劣化は「和」ではなく、「南国」なのだ。
この違いは感覚的にわかるもので、説明から成り立つものではない。

 

その劣化の度合いが、今日までの沖縄を表しているかのように、
とても味のある劣化となっている。

 

沖縄のシンボルとしても知られる首里城だが、
こういった劣化に注目してみると、また違った世界を感じることができる。
どんなアングルで撮影しても画になるのだから、大したもの。
まるで沖縄の方が持つ「豊かさ」のようだ。

 

数多くの歴史建築物を見た方でも、そうでない方でも
首里城は沖縄が持つ「深み」を与えてくれることだろう。
これが沖縄のあり方に繋がっているのかもしれない。

 

Photo by (c)Tomo.Yun